日商簿記3級

就職前に勉強しておいて損は無い資格の代表格
日商簿記

4級もありますが、入門編としてポピュラーなのは日商簿記3級です。

日本商工会議所のHPに記載されている日商簿記検定試験3級の定義は
3級: 財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。

となっています。

スポンサードリンク

実際に会社に入り、事務部門に配属にならなくても、会社の状況がわかる会計の知識は持って損はないですし、日商簿記3級であれば、内容自体は本1冊で学習できる量で手軽です。

参考書1冊と問題集のようなものを1冊やれば、90点以上ねらえ、資格取得としても手軽でオススメの資格です。

また就職まで時間があり、営業・技術系ではなく、事務部門を希望している場合には、2級の取得に進むことをオススメします。

どうしても3級は全体をさらっと流す感じになってますので、会計知識としては、基本用語と概要を学ぶレベルであるためです。

日商簿記2きゅうについては別途コメントします。


スポンサードリンク

サイト内関連記事

TOEIC
就職を意識した英語資格の王道TOEIC。高校生までは英検のイメージがちょっと残っ......

▲このページのトップへ